【格安SIM契約の基礎知識】

・機能面

■格安SIM業者は、MVNO(仮想移動体通信事業者)といい、MNO(移動体通信事業者:docomo・AU・Softbank)の回線を利用したサービスを提供

■各MVNOは、MNOいずれかの回線を利用しているため、回線品質は同じ。ただし、利用帯域には時間帯により制限がある場合も多く、回線速度は事業者ごとにまちまちなので要注意

■MVNOはMNOと比べ比較的参入障壁が低いため、撤退や買収もあり得、サービス内容が一方的に変更される場合もあるので注意が必要

■そのほか、MNOでできた事がMVNOではできないものも多く、逆に「何をしたいか」を明確にし、「何ができるか」を意識して契約する必要がある

■現在利用キャリアと同じであれば、原則SIMロックがかかっていても、解除せずそのままスマホに挿して利用できる

■基本的にMVNOでは「年齢認証」ができないため、LINEなどでは「id検索」が利用できない(「LINEモバイル」のみ契約時に認証が可能)


・費用面/契約面

■利用方法によっては、MNO時より高額になる場合もあるので要注意(通話料は基本30秒20円と高額。かけ放題契約も分数限定が殆ど)

■新規契約の際は初回契約料(三千円程度)と、SIM代金(数百円)、毎月ユニバーサル料(数円)がかかる

■現在利用キャリアからMNP転出する場合は、手続きと転出料(数千円)がかかる

■月額契約自体は期間縛りが無い場合が多いが、MNP転出手続きには1年等の期間縛りがある場合があるので要注意

■MVNOでも契約時に、有料の付加サービスや初月無料のコンテンツ契約等が付加される場合も多いので要注意